トチの実


  橡木
  トチノキ科トチノキ属の落葉高木。
  山地に自生。主にブナ帯の沢沿い。
  大型の掌状複葉で、花の季節は壮観。
  公園樹・街路樹にも多い。

トチの実
  ふうらが乗っているのは、トチの実の果皮。
  秋に熟すと実は三裂して、その欠片がいい舟になる。
  こっぽりと収まるためには、
  よほど大きい実か、
  よほど小さいふうらということになってしまう。

  トチの実を十分に水でさらして、臼でついたものが
  トチ餅。山里の貴重な食料であった。

  木曾の橡浮世の人のみやげ哉(芭蕉)

ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室