シロツメクサ


  シロツメクサ
  マメ科シャジクソウ属の多年草。
  江戸時代に渡来した帰化植物。
  クローバーの名で親しまれている。
  四ツ葉が幸福のシンボルともされる。


クローバー   小さな蝶形の花が数十集まって頭花を作る。
  花は最初上を向いているが、
  受粉した花から下向きに変わり、
  茶色の傘形になったものがふうらの杖にいい。

  花の中に数字を読み取ったのは宮沢賢治、
  「ポラーノの広場」へ行くための番号で、
  5000番まであるという。
  カタクリの葉に現れる文字と共に、
  賢治の植物観察の細かさと、
  豊かな想像力のあかしでもある。

  葉の文様には三角型、丸型、山型などいろいろあり、
  紋の連なりを見ていると、四つ葉を探しやすい。
  五つ葉、六つ葉も見たことがある。

  live in clover ― とは、
  左うちわで暮らすという意味らしいが、
  牛に喩えた話であるそうな。

ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室