笑羅


  笑っている風羅の呼称。
  一人で笑えば一笑羅。
  百人で笑えば百笑羅。

笑羅
   山笑う。
   花笑う。
   山が緑に蘇るのも、
   花の蕾が開くのも、
   果実が弾けるのも、
   みんな笑うという。

   空晴れて空笑い、
   月いでて月笑い、
   風吹けば草笑い、野が笑う。

   赤ん坊の笑い、
   弥勒の笑い、モナリザの笑い。
   無垢な笑いから、静かな微笑み、高らかな大笑まで。

   万象あるがままを感受して、いのちが弾む・・・

   ふうらの笑いはそんなふう。


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室