惟然


  俳人。美濃国関生まれ。
  風羅堂、鳥落人、梅花仏などの号。
  芭蕉門下で最も異彩を放つ自由人。


   鳥の羽風に梅の花散るを見て隠遁。
izen.jpg    芭蕉に学び、行脚の伴もよくした。
   師の没後、ゆかりの無名庵を守る。

   木魚に似た鳴り物を風羅器と名付け、
   風羅念仏を節よろしく唱えて、
   蓑笠で諸国放浪。
    「古池にふる池に蛙とびこむ水の音、
     ナムアミダブツ、ナムアミダ」
   飯を喰うも、茶を喫すも俳諧なりと、
   飄々と天地に孤吟。
   平明で、無季の句も多い。

     千斤ノ金有ルモ林下ノ貧ニ如カズ
    ひだるさに馴れてよく寝る霜夜哉
    水鳥やむかうの岸へつういつい

図版:三熊花顛「近世畸人伝」


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室