寒山


  中国唐時代の伝説の人物。
  天台山に隠棲。
  寒山詩なるものが伝わる。


   巌に棲み、
   詩を書き、
寒山像    月に嘯き、
   道を楽しむ。

   古来文人の憧れであり、
   禅家にも信望者は多い。
   実在の人物というより、
   もとは山棲みの一隠士でもあったろうか、
   そこにいろいろのイメージが上張りされ、
   それぞれの本望を託された詩群によって、
   <寒山詩>が増殖し、<寒山>が進化し、
   そして、独立した偶像になった。

   まあそんなことはいいから、
   寒山さんがいて、
   拾得さんがいて、
   この惑星で自由天真に生きたことがなによりである。
 
     

図版:池大雅「寒山」


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室