羅漢


   阿羅漢(梵語 arhatの音写)。
   訳名、応供・応真・無学など。
   阿羅漢果を得た最高境地の人。


  インドに十六人の大阿羅漢の記録がある。
  釈迦の命を受けて、正法護持につとめたとされる人々。
  また、仏滅の年に結集した五百人の大阿羅漢もいる。
羅漢   それが、十六羅漢となり、五百羅漢となり、
  中国を経て、日本に伝わった。

  右の人物は、第九尊者のジュバカ(戍博迦)。
  香酔山(コンロンザン)に住み、
  九百人の弟子を持つ。
  釈迦在世時の名医の名前であるとも伝わる。

  羅漢は、中国に渡り、
  老荘思想、禅などと混交することによって、
  独特の風貌を獲得し、何事にもとらわれぬ、
  天地間に自在な、個性溢れる群像となった。
  日本では、主に禅宗に流布し、
  十六羅漢、十八羅漢が寺の山門に配置され、
  五百羅漢は、江戸期から庶民的な広がりをみせていった。

     *

  <仏>と<人>との間をつないできた羅漢は、元来<人>の位置であり、
  我々の喜怒哀楽がまっすぐに通じる相手である。
  彼らもまた、なまなまとした<こころ>なるものを、そのふところに抱いている。
  ただ、それは透明で、かるがるとしたものに違いない。

  「らかんさんができたら、回そじゃないか」
  そういう遊びがあった。
  らかんさんもまた、一人でも多くのらかんが生まれたら世に回してほしいと、
  そう、願っているだろう。


図版:鵜飼徹定「羅漢図讃集・戍博迦尊者」


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室