拾得


  寒山とともに伝説の人物。
  天台山国清寺に住む。
  箒は拾得のシンボル。


拾得像    寒山月に韻を踏み、
   拾得月の影を踏む。

   天真に、
   爛漫に、
   無碍に、
   自在に拾得はあった。

   落葉を掃き、
   分別を掃き、
   月影を掃き、

   拾得さんなら自分自身まで
   地球外に掃き出してしまいそうだ。

   詩を書くものにとって、
   寒山は親しいが、
   拾得は新しい。

   全人拾得さんは、また笑いがじつによく似合う。
 
      

図版:池大雅「拾得」


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室