蕪村


  1716年摂津国生まれ。
  豊かな眼差しを持つ天然の画家・俳人。
  代表作「夜色楼台図」「春風馬堤曲」。


   はろばろとした時間。
   ひろびろとした空間。
   のびやかな精神に、繊細な眼。
buson.jpg    蕪村の世界は大きく温かい。

   不明の幼少期、
   苦難の青年期、
   一つの暗黒星雲が次々に星を生み出し、
   華麗な散光星雲に変貌する様を人間蕪村に見る。

   天心の月、芦間の蟹、
   頭巾を目深に被った嬰児から、
   草いきれの中の死人まで、
   物にも人にも限りない慈しみを尽くす。

   豊穣で、瀟洒で、
   すらすらと俳画や俳詩なども創造してしまう自由な精神。

   陰に佇つな、と
   ものを愛せ、と
   この翁からはいつも叱咤される。
   

図版:月渓写「蕪村画像」


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室