風外


  1568〜?。上野国土塩生まれ。
  曹洞宗。岩窟に棲居の散聖・野聖。
  風外窟なるものが残っている。


   碓氷峠の麓で生まれ、
   戦国末期の世に修行。
風外像
   渋川の双林寺、小田原の成願寺などを経て、
   60歳頃、曽我山の岩窟(古墳時代穴居址)に入る。

   米が無くなると、達磨の絵を描いて入口に吊し、
   近在の村人がかわりに米や野菜を置いていった
   という口伝がある。

   真鶴山から伊豆北条、浜名湖北岸の石岡へと流れ、
   90歳頃、穴の中で立化。

   水墨をよくし、達磨図、布袋図など多い。
   「お茶をしらない和尚」というところに親しみが湧く。

与呂見焼「風外像」1995


ホーム 風羅天地 風羅春秋 風羅草紙 資料室