北条石仏通信

目次
 第1号へ 最新号へ
郷里の謎の石仏です。
作者も製作年代も判りません。
昔から五百羅漢と呼ばれ親しまれてきました。
この境内の隣で学び、
弁当を食べたり、鬼ごっこをしたり、
掃除当番になるのも楽しみでした。
三十年ぶりに帰郷したのを記念して、
ふうらのルーツを、
少しずつ紹介していこうと思います。
009 ふうらが会いに
008 おいしい春
007 エキゾチックな夕べ
006 世の中は
005 笑顔一輪
004 胸に手を当てて
003 夕陽のスポットライト
002 クレーの絵のような
001 雪が降る

六角文庫ふうら美術館