back next

owl-33.jpg


ふくろう豆事典(33)

ナスカの山の斜面に描かれた地上絵に、手を振る人物がいます。
32メートルの長身で丸顔、特徴は異様に大きな目。
地上絵研究の草分けというドイツの数学者マリア・ライヒェは、
「フクロウ男」と名付けていたそうです。

文献:ポール・G・バーン「地上絵」主婦と生活社