back next


owl-23.jpg


ふくろう豆事典(23)

北斗七星の柄杓の底あたりに、
大きな望遠鏡でみて見ると、
暗い部分がちょうどふたつの目にみえるという
惑星状星雲があります。
M97ともNGC3587とも呼ばれますが、
ふくろう星雲の名で親しまれています。

フクロウのリンクでこの神秘的な天体写真をみることができます。