back next


owl-20.jpg


ふくろう豆事典(20)

古代ギリシアでは、アテネの銀貨は「フクロウ」と呼ばれていました。
4ドラクマ、10ドラクマ共にフクロウの図柄だったのです。
当時はアテネ銀貨が世界中の取引に使われたそうです。
有名になったフクロウの図柄は
エジプト、パレスチナ、イタリア、トルコ、イラク、イラン、
アラビア南部の国々でコイン・デザインになったそうです。

文献:ビジュアル博物館「貨幣」同朋舎