しゅうめいぎく


画・シュウメイギク

パステル・アクリル 410x318 紙 1994


夏の間なにげなく緑をひろげていた茎のてっぺんに、
蕾らしきものがちらりと顔をみせると、日に日に首を伸ばしだす。
じゅうぶんな高さになっていよいよ、蕾がふくらみだす。
年に一度の開花を、ひともはなも実に首を長くして待つものですね。

目次に戻る

ロゴ